専門的な知識

Career change

経理という仕事の特徴とこれまでの変遷

経理という仕事は非常に高度な専門知識を要求される仕事です。 しかし、なぜ経理の仕事にはこのような専門知識が必要なのか。それは法律や会計原則に深く準拠しているからです。 例えば上場会社の場合では経理に関わる法令関係としては会社法、法人税法、消費税法、金融商品取引法など多岐にわたります。つまりこれらの法令に精通していないと決算を組むことができません。それゆえ、専門知識が必要となるのです。これが経理の特徴です。また、経理マンとして一人前になるのはこれらの法令に精通することが求められてきたという変遷があるのです。 従って、経理職に転職する場合もこれらの知識の有無が重視されます。

転職に必要な資格について

経理職への転職について、どのような資格が必要かということになると様々な選択肢があります。 高度な専門知識が必要になってくる職種ですので資格も難関な資格が多いのが特徴です。一般的には日本商工会議所の簿記検定試験が大変、有名です。就職や転職を目指す学生や社会人が挑戦しやすい資格です。 また、税理士資格を取るのも非常に強みとなります。 ただし、経理職の場合は実務経験が重視される傾向にあります。従って転職する場合にも実務能力を試す資格や検定試験が有効です。 そこで最近になって注目されているのがFASSという試験です。 これは経理財務の実務能力を試す試験として注目されています。合格や不合格ではなく、英語のTOEICのように得点をいくらとれるかで能力を判定するものとなっています。特に上場企業への転職には有効となります。